「落合陽一と紗倉まな」エロについて考えたら、本来のエロスが見える

自己啓発
この記事は約4分で読めます。
【お問い合わせ【AdSense審査1回目合格、丸投げブログ制作、サイト制作、動画編集、彼女できるまでフルサポート】

2020年11月プラチナランクに昇格。

ココナラからお問い合わせ

 

 

 

【旅人しゃちょーの事業!】

Twitter

 

Instagram

 

YouTube

 

Note

 

・専属ライター【トリップラー

 

“Yori Ochiai and Makoto Sakura” When you think about eroticism, you can see the original eros.

From right, you can translate into English!

 

WEEKLY OCHIAI」は、newspicksが送るコンテンツで、落合陽一という現代のエジソンが、世の中をアップデートしていく番組。

 

今回の「WEEKLY OCHIAI」は、女優さんの紗倉まなさんが、エロについて語る。

 

本来のエロについて語ることで、現代のエロと、本来のエロの形を再認識することができるかもしれない。

 

男性と女性の本能には違いがあって、これがお互いの無いものを求め合い、より濃いコミュニケーションを送ることができる。

 

だからこそ、今まで人間が繁栄してきて、今があると思う。

 




「落合陽一と紗倉まな」エロをアップデート?

どうも、はじめまして。「観光地交通手段使わずに歩く」たびびとりゅうた@@_wanganと言います。

 

エロの形に変化を感じていると言う「落合陽一」は、昔と今でのエロについての違いを語る。

 

それは、昔は本来的な好きな人を口説き、ワンナイトラブを楽しむ世代が多かった。

 

しかし、今は、あらゆる動画コンテンツや。VRなどのテクノロジーによって、リアリティが増して、本来の形とは違ったエロとなってきている。

 

実際に、一線を交えている時に、見ている部分と、動画を見ている時に見ている部分が違っているとも指摘する。

 

それは、本来一線を交えている時には、異性に顔を見て興奮しているかもしれない。

 

動画を見ている時は、秘部を見て興奮をしているのかもしれない。

 

この二つの相違がエロの本来の形と、崩れてきているのかもしれない。

 

エロとは、共に愛し合うための、コミュニケーションの一つであり、肩もみをするような感じと述べる

 

 

「アップデートの理由」異性の本能の違い

男性は、多くの異性に対して、遺伝子を残して、子孫繁栄をするために、多くの女性と一線を交えるようにできている。

 

女性はできる限り、貴重な遺伝子を求めて、異性を見定めて、子供を生み出すようになっている。

 

これは、本能であり、これからも変わらないと思える事実です。

 

男性が浮気したりするのは当然であり、「子孫繁栄を促さないと行けない」と本能が働くからだ。

 

なので、一線を交えることが減っている夫婦は、味方によっては当然とも言える。

 

しかし、一線を交えることに対して、深いコミュニケーションを行うためと認識すれば、より愛を育むことができると思う。

 

昔は、「一夫多妻制などの、あらゆる女性と結婚できるシステムがあったが、それは本能に基づく正しいあり方」なのかもしれない。

 

現代の「浮気や離婚などの問題は、発生して当然の問題なので、本能的に仕方ない」ことかもしれない。

 

 

本来のエロスが描いていた表現

「WEEKLY OCHIAI」の際に、落合陽一が本来のエロスの形として、正しいのはどんなことか話していて、

 

夫が、妻の美的なボディを写真に収めて、写真集にすると言うコンテンツは、非常にエロス的に魅力的だと話していた。

 

確かに、僕も美しいと言うか、美的なイメージを女性に感じます。

 

それは、男性に無い部分だからかもしれません。

 

逆に女性は、男性のたくましい体つきに魅力を感じているかもしれません。

人によっては違うかもしれませんが。お互いに無い部分を求め合い、その本能が繁栄を促進してきたのかもしれない。

 

紗倉まなちゃんが言っていたが、エロに対して下品なイメージがあるとも話していて、

 

コンテンツ的にも、未成年はダメという制限で、逆にそのようなイメージを与えているのかもしれない。

 

本来は、人として当然の表現である「エロ」が、敬遠されるのは可笑しいとも思った。

 

エロスは、「お互いには無い魅力を引き出すキッカケとなり、それをお互いに再認識できる。愛を育む方法かもしれない。

 

BY:Ryuta

タイトルとURLをコピーしました