ノマドとは、場所や時間があらかじめ設定されておらず、ノルマや期限に合わせて自分で時間を管理しながら、パソコンで仕事をしていく人たちだと思ってる。

 

時間や場所に縛られないので、「ストレスが溜まりにくい」、自由に生活が可能なので仕事に熱が出やすい。「

 

ノマド、リモートワークに興味がある方は、メリット、デメリットが参考になるかもしれません。

ノマドという人それぞれのライフスタイル

 

どうも、はじめまして。「観光地交通手段使わずに歩く」たびびとりゅうた@レンタル旅する彼氏@_wanganと言います。(。-∀-)?

 

 

ノマドは、リモートワークとも表現できますが、世界的にグローバル化が進んでいるので、世界各国でノマドが増えている。

 

なぜ?増えているのか?

理由は、「人それぞれのライフスタイルを両立できる」からだと思っていて

 

 

例えば

 

僕は、自宅でワークをするだけでは頭が固くなります。なので、外へ行きカフェなどに行って、ワークを行ってます。

 

朝弱い人は、午後からワークを行えば良い、朝強いなら午前中に仕事をこなし、午後から遊びに行っても良い。

 

簡単に言えば、時間に縛られずにワークでき、ストレスが少なく、人生に対する負担が大きく軽減できること。

 

 

 

「こうしなさいとか、こうしなければならない」という常識やルールがグローバル化によって破壊されてきている

 

 

ノマドって楽そうに見えたり、超自由そうだから嫉妬する

 

多分、平日の午前中にカフェなので、パソコンを使って仕事をしている人を見ると、正社員の方や団塊世代の方は、「嫉妬したり、謎?」と頭に浮かぶこともあると思います。

 

 

ノマドワーカーは、時間や場所に左右されないので、満員電車に揺られることもなく、平日に観光したりすることで渋滞などを避けることもできる。

 

家で仕事しても良いし、海外で仕事しても良いし、旅しながら仕事をしても良い。

 

 

ここまで聞くと、「嫉妬するのは当然」とも言える。僕だって、正直嫉妬すると思います

 

 

ただ、嫉妬する人は、「今の現状に満足していないが行動せず、正当化している人」

 

嫉妬しない人は、「行動していて今に夢中であることが多い」と思う。

 

素直になれば、嫉妬しない環境に進んでいくのかもしれません。嫉妬心は、自分が求めていることでもあります。

 

 

嫉妬してるなら、極端に行動して手に入れに行こう。辛いし、自分の心が裂かれそうになるけど、僕は受け止めて逆境を乗り越えました。

 

ノマドな人が口を揃えていうのが、会社員時代よりも収益は減るけど、ワクワクすることが多くなったり、興味を持てるようになったと言う。

 

 

グローバル化によって、世界的にワークの形が変化している

 

 

リモートワークやパソコンで仕事ができるようになったのは、AppleのiPhoneと、Googleの収益アルゴニズムが典型的だと思っていて

iPhoneによって、インターネットに触れるユーザーが極端に増えた
Googleは個人の情報発信の可能性を広めた

 

他にも紙からデバイスへの変換が受け止められてきた。

 

 

 

これからもっとノマド的な人は増えていくと予想されます。

 

会社に属す力よりも、個人に力が向いている

 

 

もし、嫉妬している人がいれば、「退勤後や週末の時間を使って、この人たちはどんな事で、生活費を稼いでいるのかを調べる」。

 

嫉妬していることは、自分が求めている可能性が高いです。本当に、僕も感じているからです。

 

 

 

学生さんであれば、就職することは良いと思います。ただ、時流に乗るには、今が一番良い時期と言えます。

 

まだ敵が少ないからです。みんながやると時流は変わります。

 

 

今、荒野行動を楽しみたい!というのも良いと思います!(=゚ω゚)ノウィー

 

 

 

しかし未来、嫉妬したり、後悔したりする人生は嫌じゃないですか?

 

なら、今から行動しておく方が絶対に良いです。本当に歳をとったり、環境によっては叶わなくなっていくこともあります。

 

 

もうすぐ沈む船に乗ったまま島を探すか、ボートで島を探すか

 

 

今、日本の情勢を見ていて思うことがあります。

 

 

例えば、

 

ボートの数は限りがあります。みんなが気づいてからではボートに乗れなくなってしまいます。

 

「もうダメだ。」と諦める人。「この船は沈まない。」と思っている人、沈むことすら気づいていない人。

 

 

 

グローバル化の意味を理解すると、「沈むのか、沈まないのか」はやや予想できる。

 

「人口減少、物価上昇、税金高騰、生産性減少、福利厚生の破綻。」

 

 

日本が窮地に立っていることは確かです。

 

 

 

自分の意思を大切にするべきだと思う

何かに属していたり、誰かのおかげで人生を歩んでいる以上、「自由になれない」ことに、ふと20歳で気づきました。

 

不安になったり、嫉妬したり、ストレスを抱えたり、「誰にでも平等に与えられている時間を制限されたり」

 

こんなライフスタイルを好む人は、本来ほとんど居ないと思う。

 

「忍耐力や我慢などの信念」は、正しいことに使わなければいけない

 

ことを18歳の時に悟りました。

 

「自分がこれを成し遂げたい」と心のそこから思っていること。そんなことに、忍耐力や我慢の信念を利用すれば結果が必ず付いてくると思う。

 

僕は、団塊世代の方と会話したりすることもあります。

 

やっぱり考え方が違うんです。

 

けど僕は、ふと思ったのです。違うなら違うで良いと思う

 

ただ、世代によって考え方を変えないと、いま若い人が歳をとった時、「幸せになれない可能性が高い」と僕は思っています。

 

昔の考え方と今の考え方を知るには、twitterを読み漁ること。そして、団塊世代の人と会話することで理解できると思います。

 

結論は

 

「正しいことなんて無くて、自分の意思、直感を突き進めば良い」

 

起業家の方って天才かバカなんです。」って堀江貴文さんが言っておられましたが

 

誰よりも行動しているから成功できていると思います。

 

行動の数が多ければ多いほど、自身がつきますし、経験を稼ぐことができます。

 

行動の数が多いほど、レベルアップができる。

 

例えば、ゲームでトップの人に嫉妬する方は多いと思います。しかし、その人は想像以上にやりこんでる説。

 

嫉妬されたり、否定されたりすることは、あなたにとても魅力がある。だから、突き進んで欲しいです。

 

逆に嫉妬されたり、否定されないことをするのは、あまり魅力的では無いと思った。

 

BY:Ryuta


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »