東京:「若手力」箕輪厚介、ゆうこす、田端信太郎プレミアムトーク

 

この記事の大まかな内容

 

素直に自由に生きていきたい

 

フリーで生きていく具体的な方法を知りたい

 

実際にトークセッションの雰囲気で感じたこと、苦しい気持ちと向き合う

 

 

メルパルク東京ホール1582席にて「箕輪編集室」が主催する過去最大級のイベント。

 

 

「ありきたりな嘘をついてたら、全ての企業に落ちた」

箕輪厚介|幻冬舎・編集者 出典:箕輪編集室・公式

箕輪厚介さん(@minowajapan)がシェアした投稿

 

 

 

ゆうこす「自己分析ができて、ハッピーオーラを出せる人になろう」

菅本裕子(ゆうこす)|モテクリエイター 出典:箕輪編集室・公式

 

 

 

「自分がコントロールできることに集中すればいい」

田端信太郎|スタートトゥデイ コミュニケーションデザイン室 本部長 出典:箕輪編集室・公式

 

 

6月15日19時〜21時まで、おおよそ2時間のトークセッション

 

この場に足を運んだ時、始まる前の気持ちは、「学園祭の時のような緊張感。」

 

 

 

そして、有名人に会うのは初めての体験だったので、胸がとてもドキドキしました。

 

学生の時に演劇部をしていたのですが、自分の順番が来る前の気持ちに凄く似ていました

 

 

アルゴニズムかブランドを作る

 

 

これからの時代で突き抜けるヒントとは?

 

時代が変わっていると言っても、何をしたらいいかわからない。意味がわからない。

 

アルゴニズムの実例

 

時代はアップル「スティーブ・ジョブズ」が作り出したiPhoneによって、大きく変わって行った。

 

結果、

 

世界的に誰もがインターネットに触れることができるようになって行った

 

 

 

そして、Googleは誰でもフリーに生きていけるツールを作り出しました

 

今、大変注目されているYouTubeは、YouTuberという新しい生き方を作り出し、自分が主人公となって道を歩めるようになった。

 

 

これらの企業は、これからのアルゴニズムを作り出したと言えます。

ブランドの実例

 

一方、ブランドとは何か?

 

例えば、初期投資なしで始めることができる「YouTubeやブログ」などに、自分が好きなことに極端になることブランディング

 

情報発信をすることによって生まれる付加価値づくり。

 

 

 

ある程度「生計を立てている人は多く、生活費を稼ぐことが可能」になって来ている。

 

アルゴニズムを作り出すのは難しい。しかし、ブランド作りは誰でもできるし可能性がある

 

 

疑問の気持ちたち

 

疑問を思っている気持ちがある会社に勤めることは正解なのか、正しいのか?

 

何も目的はなく、ただみんながしているからする。

 

なぜ、就活するのか?なぜ、会社に勤めるのか?生活費を稼ぐため、安心のため、みんながしているから。

 

 

昔と今の違いを簡単に言えば、「広告費の場所」が変わってきている。

 

大企業がテレビから、インターネットに広告費を使うようになっている

 

インターネットにお金が流れるようになっている。これからもっと流れるだろう。

 

夢がある個人や、何か目的がある個人には、「非常にチャンス」と言える。

 

 

 

疑問を思う学生さんは、多分思う道を歩めば結果が出る「僕がフリーランスになった理由は未来のため

 

確実に少しずつ、時代は変わっていく。

 

 

もし、進路に迷っているなら家族に思いを込めて伝えてみよう。何度も、言葉に思いを込めて。

 

クラウドワークス副業で月5万を2ヶ月で稼いだ記録」中卒でパソコンさえ持っていなかった僕でも、強い気持ちと目的があれば生活費を賄うことはできた。

 

 

実際にトークセッションの雰囲気で感じたこと

 

自分が一番に感じたのは、サイン会が行われた時、箕輪厚介さんとゆうこすのサインを貰うことができたのですが…

 

↑後で気づいたしまった。ゆうこすのサインが「ゆうた」になってた…泣

 

 

その時に、会話をする機会があって、間近では初めて、ドキドキマックスな状況。

 

箕輪さんは、優しく質問をしてくれたり、雰囲気で何かを伝えてくれたように思い。

 

ゆうこすは、間近で見ても本当に可愛い、本当に綺麗な人でびっくり。

 

 

そう、この時に感じたのが…

 

「雰囲気に僕はやられてしまった有名人から発するオーラに負けた。」

 

 

この時に、凄く悔しいと思った。

 

苦しかった

 

 

 

帰り道に泣いた

 

こんなに悔しい、苦しい気持ちは久しぶりだった。

 

 

 

僕の決意は、より大きなものになったように感じた。

 

もっと時間を大切にして、変化し続けたいと思った

 

こんな体験を与えてくれた。本当にこの「若手力」のトークセッションに行ってよかったと思う。

 

 

 

自分を本気で変えてみたいと思うなら、初めての人に会うことがとても大切かもしれない。

 

僕は、箕輪厚介さん、ゆうこす、田端信之介さんの雰囲気に触れることによって、自分を変えるキッカケをプレゼントしてもらったように思います。

 

 

 

一つ疑問に思ったのが、「プライドとは何か?」ということ。

 

 

 

フリーで生きていると、自信がつきます。俗に言われる意識高い系になりやすい。

 

「自身=プライド」のようにも思ったりもして、自分がわからなくなりました

 

 

この疑問を解決するのが次の目標です。

 

人に会い、雰囲気に触れる。そして、素直に感じた気持ちを情報発信してみよう。

 

 


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »