僕は、「ネットの薄さを破壊するため」に、ライブ配信が無料で出来る「SHOWROOM」を8月よりスタートしました。

 

ネットの薄さとは、具体的に言うと、この言葉を書いている筆者が、どんな表情なのかをライブ配信することによって、人柄をそのまま表現できることです。

 

今、書いている言葉が、本当の気持ちで書いているのか、それらを「近くで感じてもらうには、ライブ配信という手を使うことだと思ったから」です。

 

今回、SHOWROOMを毎日配信して、約3週間ぐらいになるので、その中で感じたこと、得られたことを執筆して行きます。

 

「ペルソナブック」についても。

 

SHOWROOMの良さ

どうも、はじめまして。「観光地交通手段使わずに歩く」たびびとりゅうた@レンタル旅する彼氏@_wanganと言います。(。-∀-)?

 

SHOWROOMは、YouTubeやニコニコ動画、ツイキャスとは違っていて、「ファンの方がキャラクターとなって、自分のルームに来たことを確認することができる」

 

いつも「来てくれているファンの方を、アバターで確認できる」のは、素晴らしいシステムだと思った。

 

訪問回数なども表示されるので、いつも来てくれている人だと、すぐにわかる。

 

SHOWROOMのファンの方のアバターは、千差万別であり、個性があるので、覚えやすいのも良かった。

 

さすが、SHOWROOMの前田裕二さんが作ったコンテンツだなと思いますし、配信している人も楽しめるのがとても良いと思いました。

 

今までは、コメントで通じ合ったりしていましたが、コメントとルームに来てくれたアバターを確認できるのは、すごい面白い。グローバルいけるかも。

 

本当に、路上ライブのような空間。

 

得たこと、感じたこと

僕は、SHOWROOMをしていて、学んだことは、「自分を上から見て、トークできる力がとても必要だと感じられたことです。」

 

それは、世阿弥の3つの目、「我見、離見、離見の見」という3つの目。

 

仕事に活かせる」SHOWROOM代表前田裕二の3つの目。こちらに詳しく表現して、言葉にしてます。

 

我見だけでは、相手を楽しませることはできない。

 

離見という相手の目線になって、客観的にトークをしていく。表現していく。

 

このような、「コミュニケーションで相手を飽きさせない技術」が勝手に身についていく。

 

YouTubeという保存型の動画と、SHOWROOMのライブ動画

今、YouTubeというコンテンツはバブルとなっていて、多くの人が参入している。

 

その分、クリエイターの天才が多く居て、今から参入しても、ライバルにすらなることが難しい。

 

僕は、ふと思った。YouTubeという動画を保存して、お届けする形には、そろそろ視聴者も慣れて来てる。

 

なので、僕はYouTubeではなく、「新鮮さがあるSHOWROOMというコンテンツで、ネットの薄さを解決するために、ライブ配信を毎日初めて見ました。」

 

僕の目的は、シンプルで誰もあまりしようとしない、「今、日本に蔓延るペルソナを潰して行きたい。」

 

みんなの悩みを探して、それを言葉で解決しようとするのではなくて、「何かアクションに近いものを見つけて、それを提供して行きたいと思います。」

 

ペルソナブック「noteマガジン」始めて見ました

ペルソナブックへ「noteマガジン」。noteにて、日本のペルソナ「動けない悩み」を連載する。マガジンを開始。

 

具体的には、コミュニティとなる、マッチングアプリを上手く使って、「相手と電話をするなどして、ペルソナを現在探しています。」

 

このような感じで、やはりペルソナを持っていた。

 

一人持ってるということは、他の人も持ってる可能性が高い。

 

どうか、生活費に余裕がある、情報発信をされている方。

 

このようなペルソナを多くの方に伝えていき、クリエイター、インフルエンサーの方と解決していけたらと思ってます。

 

VANLIFEという車中泊旅を行なってる僕は、自分の人生の意義を問いた。

 

僕は、「日本の若い人のペルソナをぶち壊していきたい。」

 

若い人である理由は、やはり「活力が溢れ出ていること、知識がないからこそできる何か」が日本に必要だと思うからです。

 

ペルソナブックに連載にも、時間を使っていきたいと思います。

 

 

BY:Ryuta

 


旅人しゃちょ〜

【職業ライター→バンライフ×バックパッカー】 車中泊1ヶ月して凡人でも人生変化。世界で仕事生活。常識ルール大嫌い。神がかりな自由人。前世ヨーロッパ人。世界遊びつくすためのコンテンツYouTubeに投稿中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »