18歳の時に出会った、古いターボ付きのクルマ。

 

それは悪魔のように、身をよじるように走ると言う。

 

 

軽自動車のユーザー車検て何?

 

この記事の見どころ

 

・「ユーザー車検に通す前に知っておきたいこと」



・特に、注意したい箇所「特にローダウン車」



・「最低地上高に落ちた時のマル秘テク」



・「実際にかかる総費用を知りたい」

まとめると!車検を自分で受けれるようになる記事です!

 

 

他の車でもユーザー車検を受けたりしてます。友人の車なども車検に通したりしてます笑

 

 

↓旧車好きで、ヤフオクで安く買って「30000円ぐらい」、自分で直して、車検受けてます

 

 

 

アルトワークス軽ターボの車検を自分で取るまでの軌跡

1995年製のアルトワークスを購入をしました。「車検が切れていたので車検を取る必要があった。せっかくなので、自分で車検に通してみることにした!

 

Googleで「軽自動車 車検」とググると「ユーザー車検」というのを見つけました。

 

アルトワークス納車まで知らなかった。ただ、自分でやるのは難しそうだと思いました。

 

 

「車検自分で取れるの?」けど、やるしかなかったのでググりました…

 

 

 

軽自動車の車検を通す場所があるらしい…

 

 

軽自動車には「軽自動車検査協会」というのがあり、一県に一つあるとのこと。

 

滋賀県だと、「守山」にあることがわかりました。

 

 

車検を「ユーザー自身が受検すること」を、「ユーザー車検」と言うらしく。 予約を行うと、登録以外の県外でも「ユーザー車検を受けること」が可能。

 

 

車検を受ける前にもう一つ…

 

 

それは車検に受かる車にしないといけない!←ここが難題だった

 

車検で、「最低地上高が9cm必要」だった。僕の車は、マフラーが変更してあった。

 

 

最低地上高で、一度車検に落ちてしまいました。「もう一度車検を受けると1400円の検査料」が…

 

 

やってしまいました…注意したいところです!

 

 


2度目の車検で、「ようやく合格!マフラーをタイラップ「結束バンド」で思いっきり上げてやりました。」

 

ユーザー車検は思っている以上に車の知識がなくても、やり遂げる気持ちがあれば受かることがわかりました。

 

 

 

ユーザー車検は格安?その総費用は?

 

結論、総費用は、「3万5600円だった」…

 

・検査手数料:1400円



・重量税:7800円



・用紙代:30円



・自賠責保険24カ月分:2万6370円

 

一言で言えば極端に安い!これで2年間乗ることができます!

 

 

ユーザー車検はなんとかなります…

 

「無事に車検取れました。ナンバーがついたら嬉しいです。」自分でやると達成感もありました!

 

 

「車両8万1000円、車検3万5600円」

 

車両込みで、総費用11万6600円!

 

 

おそらく、店頭でお願いしたら、コミコミ20万円とか30万円とかすると思います。

 

僕は、マフラーで引っかかりましたが、最初は失敗もするかもしれません。

 

しかし、「失敗をして気づくこと」のほうが重要だと思いました。

 

 

そして次から、ユーザー車検を自分できるようになると言うメリットが大きい。

 

↑嬉しいのが「費用の安さです!」

 

自分も最初は、買う前の人と同じ気持ちでした。しかし、行動に移せば結果はついてきました。

 

 

車検は、案外個人でも出来てしまいまいます!

 

JW3ホンダトゥデイでユーザー車検のリアルを記録。

↑こちらも合わせてどうぞ。よりリアルな情報と、注意点。雰囲気を掴み取れるポイントがあるので、見てみてくださいね。

 

ぜひ、ユーザー車検に挑んで見てはいかがですか?質問などがありましたらコメントください!

 

BY:Ryuta


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »