アベマTVの「恋愛リアリティーショー」とは、今を生きる、見ず知らずの人が出演して、本当のリアルな恋愛ショーを見ることができる。

 

恋愛の進め方がわからない人、人としてモテる方法を知りたい人へ

 

こんな悩み、不安を解決する」3つの事をわかりやすく書きました。

 

 

声をかけてくれるのが人としてモテるような気がする

 

View this post on Instagram

 

関口 華恵 (はな)さん(@hanae_sekiguchi)がシェアした投稿

 

アベマTVの恋愛リアルティーショーの、「舌恋メゾン恋する7日間、太陽とオオカミくんには騙されない、私の年下王子さま」すごく新鮮なコンテンツが多くて、すごく楽しめます。

 

https://abema.tv←公式サイトはこちら。パソコンでも無料で見れると思います!

 

そして、視聴してみて…

 

単純に、一番大切だと思ったのが、「声をかける」と言う事だと思いました。

 

恋愛とか、コミュニケーションとか、あるけど、一番大切なのは、自分からコミットとしに行くことが大切と思いました。

 

客観的に例えば、相手から話をかけてもらえると、「どんなシュチュエーションでも嬉しい」と思いますよね!

 

だから、恋愛というか、人としてモテる一番のキッカケは、「声をかける事」と思います。

 

自分からアクションすることが一番のポイントであり、そこを乗り切れるかが最重要ポイントだと思います。

 

慣れたらタイミングを見計らう事によって、相手をドキッとさせることもできるという!?

 

 

相手の好きなタイプを聞いて、モテる人は演じて見せる?

 

View this post on Instagram

 

💘Nami🐺さん(@kyousuki.ookamikun)がシェアした投稿

 

「舌恋メゾン恋する7日間、太陽とオオカミくんには騙されない、私の年下王子さま」を観て思ったのが、相手の好きなタイプをはじめに聞いている人が多いと思いました。

 

おそらく、最初に好きなタイプを聞く事で、相手の好きなタイプを演じることができるのが、モテる人だと思いました。

 

口数が多くて、振る舞いが慣れているなと思うと、恋愛経験豊富だと思われて、軽い印象を見せてしまうこともあります。

 

最初口数少なく、二人の時だけ、よく話してくれるみたいな感じの人だったり、自分だけに何か振る舞いをしてくれると、嬉しいというポイントがありました。

 

みていて思ったのは、だけど、「あまりにも一途だと、面白くないというのもあります。」

 

ある程度、嫉妬させて置いて、後でホッとさせてあげるのが、相手の心を谷あり山ありにすることができて、効果的なんだと思いました。

 

この効果は、極端にすると、相手が疲れてしまうので、調整が必要だと思いました!

 

 

大胆な行動をして、真面目なところを見せる?「ギャップ、意外性」

 

View this post on Instagram

 

光沙子 misakoさん(@misamisa014)がシェアした投稿

 

「舌恋メゾン恋する7日間、太陽とオオカミくんには騙されない、私の年下王子さま」を見て思ったのが、人は「ギャップ」が好きな傾向にあるみたい。

 

例えば男子で、「キン肉マンやけど、真面目で優しいタイプ真面目なタイプに見えるのに、肉食系だったり。」

 

例えば女子で、「お姉さんだけど、恥ずかしがりだったり。物静かなタイプやけど、いきなりアクションしてきたり。」

 

こんな感じで。「普段見せない姿を不意に表せると、ギャップが心に響くよう」です!

 

恋愛については、「不意に何かをするのがポイント」だなと思いました。

 

ボディタッチであったり、キスであったり、手を繋ぐであったり、「今、想像できないシュチュエーションをプレゼントできる」と、「次会うときでも、ワクワクして会える」と思います!

 

恋愛や、コミュニケーションに、絶対は無いと思うので断言ができません。

 

あくまで、「可能性の高い方法」です!

 

・自分からアクションしてみる




・相手の理想を演じて見る




・不意に何かアクションする

 

この3つのポイントが大切だと思いました!

 

コミュニケーションにも使えると思いますし、普段の日常で試してみよう!

 

アクションして、反応が良かったら良いかもです!

 

BY:Ryuta


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »