There is a method to automatically create mountain valley presence

translate into English!

 

はじめまして。「観光地、交通手段使わずに歩く」たびびとりゅうた@レンタルコンサル彼氏@_wanganと言います。(。-∀-)?

 

いつもの生活が幸せだった」と思えるのは、「その生活を離れ、環境を変えると感じれる。」

 

例えば、僕は、2018年9月11日の夜中から、滋賀〜金沢へ行き、車中泊旅をしています。

 

「金沢で車中泊」内灘海水浴場で寝て、玉泉院丸庭園を楽しむひととき。いつもと違う、「快適じゃない環境が、私生活のありがたみを実感させてくれた」

 

「いつもと違う環境に、自分を持っていくと、非日常感を味わえる。時には、辛い時もある。」

 

その経験で、旅人が生み出してしまった、「山あり谷ありを自動的に作る方法を書きました。」笑

 

記事の内容は、「私生活の快適差に慣れてしまうと、充実感を得ることができなくなってしまう。」

 

そんな時に、単純に「人生を少し面白くしたいと思う人のキッカケ」に慣ればと思っています。

 

山あり谷ありは自然に現れる

山あり、谷ありは、昔からある名言みたいですが、僕は、人の幸福度によって現れる変な妄想だと思ってます。

 

車中泊しながら、旅をしていると、快適じゃない環境が普通になる。

 

最初は、とても辛くなったりするし、孤独感との戦いもある。

 

だけど、どこか、非日常感を味わうことができて、日々の生活を見渡すことができた。

 

いつもの日常がどれだけ、幸せだったかと…

 

美味しいご飯、快適な空調、お風呂にいつでも入れる、結構ゆっくりとした時間を送れる。

 

車中泊をしていると、落ち着く場所は中々獲得できない。

 

これが、普段の生活を見渡すキッカケとなって、思い直すことができた。

 

旅をする理由は、自分を煌めかせるため

僕が良く旅をするのは、普段の日常に慣れてしまうと、倦怠感を感じたりするからです。

 

非日常な世界へ、自分を持っていくと、自分を俯瞰してみることができるようになったからです。

 

これによって、「自分で谷を作り、山を楽しみに生活ができると、モチベーションを作り出すことができたり、倦怠感を減らすことができる。」

 

同じ日常に、人は弱いような気がする。楽だけど、面白くない。

 

思ったのは、「谷へ自分から降りて、山を目標として登っている時が、一番楽しい」と言うことだと思った。

 

旅に出れば作れる。

 

旅とは、「言葉と通貨が通用しない場所のことを指す」と言いますが、

 

ベストは、「海外一人旅」だと思います。

 

何も予定を立てずに、行き当たりバッタリで、旅をするのが良い。自分で選択する力が尽くし、思考力が増してきます。

 

旅って、良いことしかないです。最初は、不安だし、辛いけど。後で、楽しかったて言える。(*´∀`*)

 

BY:Ryuta


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

SNSで可能

Translate »