アベマTVというアプリをダウンロードし、僕はアニメを見ていた。

 

「銀魂、ソードアートオンライン、機動戦士ガンダム。」

 

銀魂を見ていて、「銀さんはとても良い人だと思った。」

 

「緩く生きていて、だけど、やるときは自分の力を限りなく限界に使う。」

 

必要な人だと思った。基本緩く平和的であり、「人の気の力を抜いてくれるそんなイメージ。」

 

銀魂と未来感がやばいソードアートオンラインを「180度反対から考えて見た」。

 

アニメの面白い理由が少しわかるようになった

まぶち。さん(@mabuchi.9447)がシェアした投稿

どうも、はじめまして。「観光地交通手段使わずに歩く」たびびとりゅうた@レンタル旅する彼氏@_wanganと言います。(。-∀-)?

 

アニメの世界って、何をしても良いので、簡単に言えば自由な世界だと思っていて、

 

銀魂の出てくる銀さんに、すごく尊敬した。

 

日頃は、ニートのような緩い人で、お金もあまりなく、おばちゃんのお世話になってる。

 

ただ、昔は「有名すぎて無敗の男という」やばい経歴がある。

 

そして、何かこの人には、「お金が欲しいとか、プライドとか、地位とか、恥じらい」とかが無い。

 

自分の人生というか、自分の意思を持ってる。

 

やるときには、「異次元の活力を解き放すし、普段は緩いニートのような凡人」。

 

こんな人って、近くにいたら惹かれてしまうような気がする。

 

銀魂というアニメは、お金とか地位では得られない、自分の意思や、自分の活力という何かを表現してるように思います。

 

簡単に言えば、人を惹きつけるには、「相手を命令したり、相手に無の気を遣わせたりさせない人」だと思った。

 

要は、緩い人は、相手に無の気を遣わせないから、一緒に居ても安心する。

 

いつも頑張っていたり、何かをしないといけないという無の気を遣わせる人は、一緒に居て疲れる。

 

銀魂を観て、僕は思った。笑

 

ソードアートオンラインは、これからの未来を描いてた

cosgamerさん(@cosgamers)がシェアした投稿


ソードアートオンラインとは、2022年にVR端末によって、夢のようにゲームの世界に行ける世界観を描いて居て、

 

実世界とは異なる、「仮想空間に10,000人のプレイヤーがログインし、ログアウトできなくなるという事件」が物語になってる。

 

ベッドに横たわって、VR端末を頭に装着して、リンクスタートする。

 

ここからは、夢の時のような睡眠状態に近い状態となり、仮想空間へリンクする。

 

例えば、荒野行動や、RPGなどのゲームは、今までテレビの画面を観てプレイしたり、スマホを観てプレイしたりだった。

 

しかし、この仮想空間は、「もはやそのままの実世界のような空間で、自分が剣を持ったり、銃を持ったりして戦う」「自分が手足を動かす」

 

人とフレンドになったり、ご飯を食べたりもできる。農家や魚釣りもしていた。

 

今、4Gという第4世代通信技術を利用しているが、2020年から5G「第5世代通信技術」が開始となる。

 

これによって、今の4Gよりも5Gの方が、「1秒で1GBほどのデータを送ることができる」ので、VRゲームや、スマホのアプリも大きく変化するかもしれない。「今の1,000倍らしい!

 

この実世界で、目で見て、耳で聞いて、鼻で匂い、肌で温度や手触りを感じていた。「データ量

 

これらは、データ通信の多さが紐付けて居て、仮想空間でも「データ通信が安定し、多くデータを送る」ことが可能なら、

 

もはや、「実世界と仮想空間の区別がつかなくなってしまう。」

 

未来は、頭にVRをつけて仮想空間で仕事をしているかもしれないし、仮想空間で人と遊んだりしているかもしれない。

 

今回のソードアートオンラインは、ゲームの世界だからと言って、死んでしまうと現実の自分の死を意味する。

 

そんなデスゲームを描いている。この世界は本当にゲームなのか?実世界と同じなのか?

 

これらは、体の一部が不自由で動けない人や、認知症の方に夢を与えることもできると思った。

 

と面白くも、現実味があるアニメだった!

 

アニメの主人公って、ほとんどが緩い人で、のんきな人が多い

銀魂さん(@gintama__love)がシェアした投稿


日本は今、働き方改革という政策を行なっているけど、全く意味がないと思っていて、

 

国民皆が、仕事に対してもう少しラフになったり、銀さんみたいに緩くなったりしないと僕は、解決しないと思います。「政府がラフな政策をするべきなのかも」「ゆるゆるフライデー」とか?

 

アニメを見ていて、緩く生きている主人公を見ていて思った。

 

具体的に例えると、日本はサービスの質が求められすぎている。それに、国民が慣れていて普通だと思ってしまった。

 

「みんな、気を張っていて、お互い共倒れにしていると感じる。」

 

変な部分で活力を使っていることに原因があると思う。

 

難しいけど、もっと緩くなればいいな。

将来って、フリーランスが会社に週1で集まって、会社は、ただコミュニティの場になると思う。

 

あとは、みんなが好きなことや、やりたいことに思いっきり前進できたらいいな。

 

ベーシックインカムと、シェアハウス、AIロボットに仕事をできる限りさせて、人は月7万円で好きなことするみたいになるといいな。

 

個人でベーシックインカムハウス作りたい。いや、5年後に作る。

 

 

BY:Ryuta

 


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »