この記事は、

 

・今、生きづらいと感じる人へ



・やる気が出ない、何をしたいかもわからない



・親の愛に背くことができない。だから、前進できない…

 

例えば、

 

人が不安になったり、悩んだり、やる気が出ないのは何かの罠にすでにハマっている可能性があると思っていて、

 

なぜ、このような負の感情が出るのか?」を明確にして、「どうすれば解決できるか?」を紙に書いて見ます。道筋が見え出すかもしれないので。

 

お金と時間の秘密と会社経営を始めた人「同級生」が、「どんな人だったのか?」を思い出しながら書いていきます。

 

懐かしい…けど、すごかった。

 

 

人、環境、時間によってしか人は変われないと思うんです…

 

はじめまして。「観光地、交通手段使わずに歩く」たびびとりゅうた@_wanganと言います。

 

僕は、高校を2度辞めています。10代でレールから降りてます。踏み出すやすい環境だったのかも。

 

なぜ、辞めたかというと、同級生に高校辞めて、会社経営を始めた友人が居たからです。

 

勉強ができなくても、レールから降りても事業を起こせる。10代で遭遇したのはラッキーだったかも…

 

定まったレールを進むよりも、ズレた方が実現していくように思いました。

 

その同級生は、毎日母親と喧嘩をしていて、警察ざたにも結構なっている。常識ハズレな人間。

 

10代の時は、この事実に気づくことができなかったです。

 

23歳で気づくことができました。常識外れな人間じゃないと、会社設立を思いつかないとふと思った。

 

普通の人ができることで、起業できるなら、皆やっていそうです。

 

批判、嫉妬を食らう、少しズレている人の方が、偉業を成しやすい傾向があるみたいです。

 

言いたいことは…普通のレールでは、生きづらい人生を送る確率が高いことです…

 

どう思いますか…難しい選択です。

 

 

親の愛をどう受け止めるか…

今の、日本の近代教育は、高度経済成長期の、ものづくり時代には適応していました。

 

ただ、今の時代は「好きなことで生きていける」プラットフォームが増え、個人でも事業を始めやすくなりました。

 

近代教育は、「言われたことをする」と言う風潮によって、全ての教育が施されているので、自分で会社経営をする発想ができないです。

 

なぜなら、会社経営、事業は始めるには、自分で一から独創的発想力を発揮して、作り出していくからです。

 

誰も答えを教えてくれないし、答えはありません。自分で作っていくのです。

 

もし、YouTuber、会社経営、お店を開きたい人は、レールから外れて、突き進んでいくのが一番速いと思います。

 

 

例えば、

 

・SNSなど使えば、実際に成功している人たちに会える可能性も高い。

・人に出会うと、厚い雲の中を進んでいた。しかし突然、絶景が見える瞬間が来ます。「視野が嫌でも広がるからだと思います

 

親の世代の人たちは、これを理解することができないみたいです…「母親がそうでして…」

 

 

見返す気持ちで始めてみる、その内気持ちに変化が来て恩返しできると思う

 

実績として、お金を実際に稼ぐか、事業を起こさないと理解できないかも…「なので頑張りましょう!」

 

会社経営を始めた同級生は、18歳で月100万円稼げるように。自分で貸店舗を借りて事業を進めていく。

 

もし、好きなことで生きたい人、有名になりたい人は、家を出るのが一番早いかもです…「辛いです。だけど、環境を変えない中々変われないと思うんです…

 

高校生だと、年齢的に難しいですよね。そんな時は、自分の時間を作って密かに「今、出来ることを少しずつ始めていくしかない」と思います。

 

頑張って欲しい、負けて欲しくない…

 

定まったレールを登れば、登るほど「車、家のローン、結婚、奨学金」などの支障が降りかかってきます。後戻りできなくなると思うんです…

 

すると、自分の時間を全て労働に、回さないといけなくなる…

 

 

本当の時間とお金について知っておけば辛さに勝てる

 

お金と時間は、人の時間軸に直結すると思っていて、

 

世の中は、自分の時間を使ってお金を稼ぎますよね。「会社に務める」

 

ただ、時間をお金で買う発想もあったりします。

 

一つ大切なポイントがあり、個人は、最初お金を稼ぐことができない時期があると思います

 

攻略法は、なるべく毎月の生活費を抑えることだと思います。

 

「僕は月4万円以内で頑張ってました笑」なるべく自分の時間を大切にしました。

 

 

毎月の出費と時間軸の関係がポイントだと思います

 

なぜなら、

 

毎月10万円と、毎月5万円の生活費のかかる人がいたとして、




・毎月10万円の人は、10万円を稼がないといけません「10万円稼ぐ時間を浪費」



・毎月5万円の人は、5万円稼ぐだけで、残った時間を自分に使うことができます「5万円分の時間を獲得できる」5万円稼ぐ時間だけ浪費

 

おすすめな方法は、毎月の生活費を紙に書き出して、下げれる可能性がある部分を把握します。

 

 

Google検索でググると安く抑える方法は、山ほどあります。

 

 

キャッシュフローを無視してお金を使うと、知らない内に身動きが取れなくなるので怖いです

 

一番気をつけたいのが、奨学金「400万円」、車のローン「500万円」、自宅のローン「3千万円」だと思います。

 

 

一番、罠にハマりやすいのが奨学金だと思います。

 

例えば、奨学金「400万円」の借金をすると、5年の返済で、毎月7万円ほど必要に。

 

知らないうちに、5年間の時間を拘束されてしまう。

 

例えば、車のローン「500万円」や、自宅のローン「3千万円」毎月の支出を上昇させる。

 

毎月の支払いが増えると、身動きが取れなくなると思います…

 

 

キャッシュフローの上級者の話がすごい

 

キャッシュフローの上級者は、固定収入を増やし、毎月の支出を超えないように維持するとのこと。

 

例えば、不動産、株式の配当金がありますが、毎月50万円の収入を作れば、毎月50万円の支出があっても0円になります。

 

キャッシュフローを無視すると、お金を稼がないといけない状態に。自由が減ると思います。

 

これが格差の原因の一つと思います。同じ物を所有していても、全く違うと思うんです。「時間の差

 

 

時間がある人は、その分「本を読み、情報を得れる、ストレスを軽減できる」など差が開く一方…

 

 

10代、20代の人へ伝えたいたった一つのこと

 

お金と時間の関係性は、その人の外面と内面に直結するような気がします。

 

理解している人は、余裕がある人が多く、生活にも自由度が高いと思います。

 

お金は、自分の外面を飾ることができます。しかし、内面を飾ることができない。

 

全ては、近代教育と、親の世代の考え方が、今と相性が悪いと思うんです。

 

なので、親に批判されたり、世間から批判されることは、諦めずにやるべきだと思います。「誰かのためなら、なおさらやるべきと思います」

 

辛いと思う。気力がわかないと思う。泣きたくなる時だってあると思います。僕は孤独になりました。

 

だけど、最初が辛いだけです持続すれば、厚い雲から抜け出し、明るい絶景の景色が見え出します。

 

すると、同じような人が居ることに、気づきホッとする。

 

皆んなが知っている正解を、違うと知っているのが成功者だと思います。

 

BY:Ryuta


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »