I thought about the difference between Japan and Bangkok’s Starbucks!

Can translate into Englsih!

 

この記事は、

 

 

・スターバックスのファンの方なら面白いかも…「海外のスタバの違いとは?

 

スタバが好きだから、スタバにも興味がある人には、行きたくなる理由がある

 

・スタバのメニュー、価格にも違いがあり、面白いです。

 

とりあえず、日本とバンコクのスタバの違いについて深ぼって行きます!

 

 

 

「ゴージャス、変わった雰囲気」バンコクのスタバの特徴とは?

つい最近バンコクに滞在していました。

 

バンコク周辺にあるスタバに足を運びまくったので、写真も撮ってきました!

 

日本を旅するのと、バンコクを旅するのと、どっちが新鮮なのか?を深掘った記事です。

車中泊旅とバンコク旅のどちらが非日常感を味わえる?「国の違いは?」

 

・バンコクのスタバは、国の言葉が様々笑

 

ゴージャスな装飾が目立つ店舗が多く、特徴的だった。

 

・みんなマグカップや、紙のカップを返却しない風潮?日本だけ返却する?

 

電源がある席が多めだった。

 

・エアコンがよく聞いている「バンコクはエアコン強め

 

・日本とあまり価格は変わらない。

 

・カフェラテで比較すると、「115バーツ=396円日本は、354円だからバンコクの方が高い?

 

バンコクでしか食べれない美味しいフードがある「例えば、アーモンドクリームとか!」

 

・コワーキングスペースとして機能しているのが強め。「勉強、仕事、ビジネスに利用

 

・アメリカーノというか、ドリップコーヒーが薄い。

 

・おみあげコーナーの商品もゴージャス強め。

 

 

「名残ある店舗たち」日本のスタバの特徴とは?

お客さんが返却する習慣がある。

 

・会話している人が多め。「友人やカップルとの会話の場所

 

・1店舗独立型が多い。

 

席の電源少なめ。

 

・ドリップコーヒーが濃く、丁度良い。美味しい。

 

・ワンモアコーヒーがあり「2回目が、100円で飲める

 

・日本の地形上、自然との調和を意識している。

 

・おみあげコーナーは、和が強め。「日本は木の商品がある

 

・座席に木目を使った場所が多い?

 

ドライブスルーがある!「これは立地によりますよね」

 

 

バンコクと日本のスタバ何が違うのか?

おそらくスタバは、国の魅力を出している傾向にあって、

 

日本は、和というか、自然との融合を意識しているように思います。

 

バンコクは、ゴールドというか、芸術的なアート感を意識していて、1店舗ずつ魅力がある。

 

 

・お客さんが返却するのかの違い

 

・「ビジネス勉強か、会話か」の場の雰囲気の違い「田舎か、都会によって別れる?

 

・言葉の違い、人の違い、雰囲気の違い

 

・ドリップコーヒーの濃さの違い

 

・甘いのが好きか、苦いのが好きかの違い

 

だと感じました。

 

スターバックスは、全てが同じような店舗では無くて、国によって、その国の文化を取り入れている感じです。

 

だからこそ、人気が出ているのかもしれません。

 

あとは、どこのスターバックスにも共通すると思う部分は、店員さんのサービスが日本を参考にしていると思っていて、

 

AppleがSONYを参考にしたように、米国シアトルで生まれたスタバは、日本の「おもてなし」を参考にしていると思いました。

 

ここまで、読み終わった人は、スターバックスを少し好きになったのでは?笑

 

ぜひ、お近くのスターバックスへ足を運んでみて!バンコクへいってみよう!

 

 

10万円あれば、1ヶ月滞在できると思います。それほど、物価が安いです。フライトも、ホテルも、食事も…

バンコク2週間滞在して実際の支出iPhoneメモまとめ「コスパ高い7万円?」

 

BY:Ryuta


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »