宇野常寛が送るプラネッツチャンネルをYouTubeでみていて、本当に学びが多く、どこに問題点があって日本が衰退しているのかを、わかりやすく話されていました。

 

なぜ、日本が変わらないのか、それは国民のほとんどが触れるテレビというメディア自体が、「情報の隠蔽したり、議論をしなかったりしないから」だと思った。

 

おかしいと言う意見を述べたくても、テレビの空気感によって、議論をすると批判の声がくる。

 

この問題自体が、国民のレベルを下げていて、日本の本当の問題をテレビですべきなのに、必要もない知識クイズなどを行なっている。

 

テレビには、大きな罪があると思った。

 

テレビというメディアがなぜ日本を衰退させているのか

どうも、はじめまして。「観光地交通手段使わずに歩く」たびびとりゅうた@レンタル旅する彼氏@_wanganと言います。(。-∀-)?

 

日本と中国と韓国のテレビを比較する」と、中国や韓国のテレビのメディアは、議論を行ったり、国に発生している問題を国民に対して発信している。

 

ただ、日本は国民に対して、本当の問題を提示せずに、議論をしているようで、ただ同じ話をしているだけで、何も有益な情報が回ってこない。「ずっと変わらない」

 

例えば、僕はテレビを見ている人は、低脳だと思ってる。

 

理由は、テレビというメディアは、自分に対して有益な時間を与えてくれないからだと思う。

 

なぜ、日本が衰退していて。なぜ、日本の働き方改革が進まなくて。なぜ、空気感が好転しないのかを話さない。「しかも、誰も違うのではと言わない」

 

今も、日本は好調で何も問題ないと言うイメージを晒し出し、いかにも何も問題ないように流す。

 

炎上しやすいメディアは本質を貫いている可能性が高い

 

「世の中のおかしいと思う部分」を発言すると、炎上することも多々ある。

 

しかし、この部分を発言していかないと、「日本はこのままだと衰退の一歩を辿ることになる」と思う。

 

テレビというメディアでは、「この発言ができない空気感が作られてしまっている」ので、何も使命感はなく必要もないメディアだと思う。

 

newspicksや、宇野常寛さんが送るYouTubeチャンネルなどは、この発言をしているので、世の中を変える可能性がある。

 

本当のことを言ってくれるので、「自分の未来の進路も決めやすくなる」。未来が予想できるようになる。

 

今、「自分が行なっている道が失敗だということに早く気づける」のは、本当に有益だと思う。

 

ただ、テレビというメディアは、発言しないので、見ている人にとっては、何も得がない。

 

楽しいだけで見ているなら、そのまま日本と一緒に落ちていく可能性があることに気づいた方が良いと思う。

 

一つだけ思うこと

 

一つだけ思うことは、自分が幸せであるかどうかだと思う。

 

例えば、今自分が信じていた道が、失敗であることに気づいた時、猛烈に苦しい気持ちになると思う。

 

しかし、この気持ちを受け入れて、新たな道へ進んだ方が、自分の人生を好転できるかもしれない。

 

愚痴や、批判、悪口を言っているのは、子供でもわかるけど、誰も得をしない。「ただの、低脳であることに気づいた方がいい」

 

言えないことを発言してくれるメディアを追いかけて、自分の人生の道に対して、正直に歩むことで、人生は起きく好転すると思います。

 

大手メディアはほとんど腐っているので、ベンチャー的なメディアや、あまり人気のないメディアの方が本質を貫いていることがあります。

 

これを探し出してください。

 

多分、一年後に今「嫌なことや、愚痴、悪口、批判」などをしていた自分が、無駄な時間を歩んでいたかを理解できると思う。

 

 

それを飲み込むことで、誰よりも早い段階で、ライフスタイルが向上していくと思います。

 

僕は100%の発言を行います。10%でも身代わりをすると、それはテレビというメディアと一緒だからです。


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

SNSで可能

Translate »