最近、旅に出てから、涼しい平湯温泉「奥飛騨温泉郷」は夏休みにぴったりな場所に来ています。

 

そこで、ひらゆの森という「日帰り温泉」に来ていました。

 

サウナで熱い戦いが勃発して、自分をより知れた。この経験は「人生の失敗要因に活かせる」と思ったので、執筆してみました。

 

 

「平湯温泉」サウナでおっちゃんとバトル!

 

どうも、はじめまして。「観光地交通手段使わずに歩く」たびびとりゅうた@レンタル旅する彼氏@_wanganと言います。(。-∀-)?

 

 

こんな感じで、サウナで熱い対決があったんです。

 

サウナで失敗する原因は、「自分の限界を知らないから」だと思っていて、僕は、自分の限界を体から感じ取ることができます。w自慢すなて

 

それは、限界に近づくと、「耳が詰まったようになっていき、視覚がうつろになっていく」ということを知っているからです。

 

 

日頃の生活の中で、失敗したという経験は誰でもあると思います。なので、このように「失敗する対策意識を取れるよになる」と、失敗しづらくなると思います。

 

 

自分の限界を知っておくと、失敗する確率を減らせる

 

例えば、サウナで根性出して我慢するのも良い。しかし、それでは「マジ限界まで挑めない」と思っていて、自分の「マジ限界を知っておくこと」で、「不安にならずに暑さと戦うだけで済みます」。

 

 

なので、スポーツや仕事、趣味などを極端に問い詰める時に、失敗しない方法は「自分の限界を知ること」だと思っています。

 

限界を知るには、「日頃から体の反応に意識をすること」が、人生を生き抜いていく中で失敗しないおすすめな方法だと思います。

 

熱中症も予防できる。

 

 

僕が死闘の戦いをした日本一の温泉地

 

好きだから伝えられる平湯や高山の観光と宿の話。こちらに、行かないと人生少し損する「平湯温泉や高山」を3分ほどで解説してます。「真夏でも涼しい温泉地が良いという方におすすめ

 

 

岐阜県の山奥にある平湯温泉「奥飛騨温泉郷」は、一言で伝えると、「自然との一体化」ができる場所。

 

変わった鳴き声をする虫たち、元気そうに何かを伝えている鳥たち、宇宙に向かってそびえる木々たちは、普段あまり思いつかない発想をプレゼントしてくれます。

 

ちなみに、「真夏でも30度で、夜は18度くらいになって涼しくなります」。空気が美味しく感じるのは不思議。

 

この場所で、堅あげポテト食べたら想像以上に美味しく感じました。空気って大事!

 

 

 

 


Ryuta Wakabayashi

【フリーランス1年半】夢職シェアハウスを作り、若い楽しい好きを追求できる風潮を作る。そのために闘いながら発信中👍WEBライター、YouTube、SHOWROOM、VANLIFE『元走り屋』、VANLIFEについて詳しく書いてます。

SNSで可能

Translate »