もっと、若さを維持したい。どうやったら、ツルツルな肌や、強力な筋肉を維持できるんだろう。

体のだるいとき、やる気なども関係している気がする。

 

そのポイントとなる「長寿遺伝子Sir2」サーツー遺伝子についてわかりやすく、3分ほどで解説できると思います!

 

長寿遺伝子Sir2=サーチュイン遺伝子を活性化させると

 

どうも、はじめまして。「観光地交通手段使わずに歩く」たびびとりゅうた@レンタル旅する彼氏@_wanganと言います。(。-∀-)?

 

いきなりですが…

 

 

長寿遺伝子の役割

・一つ一つの細胞を修復して、細胞が死んでしまうことを防ぎます。

・老化に直接影響する、インスリンの制御を行う。

・細胞のエネルギーの発端である、ミトコンドリアの制御も行う。

 

 

 

簡単に言うと、人間の老化原因の「活性酸素」の発生を抑えてくれる。

 

活性酸素が増え気味になると、ミトコンドリアの設計図を破壊してしまう。

正しい細胞を作ることができずらくなり、さらに活性酸素を増やす原因となってしまう。「悪循環」

 

 

ちなみに活性酸素は、免疫のような役割をしますが、「大量に発生すると体のあらゆる細胞を痛めつける」

 

カロリーを控えてみる

 

単純に「カロリーを控えると、長寿遺伝子の働きがオン」になりやすい。

 

人は、食事をしないと4時間の睡眠で、快活に生きれると言われている。消化は、人間の体に大きな負担をかけることとなる。「食べなすぎると餓死するので、気をつけて

 

赤ワインなどに含まれる「レスベラトロール」は、長寿遺伝子を活性化する。他にも、落花生や玉ねぎにも長寿遺伝子を活発化させる成分が含まれている。

 

 

やる気が出ない原因はあの食べ物だった。僕が思ったことで、食べ物は体に一番関係していると思っています。控えた方がいい食べ物を簡単に解説してます。

 

有酸素運動をしてみる

 

運動では、筋肉の収縮を伴います。筋肉の収縮の工程によって、「AMPK」という長寿遺伝子を活性化させる。

 

有酸素運動は、ミトコンドリアの活動を活発化させるので、イメージ的に活動していないミトコンドリアを強制的に活発化させることができる。

 

しんどい運動をする必要はなくて、観光地を交通手段を使わずに歩いてみる。この程度で十分運動となります。少し家の近く歩くだけでも十分です。ただ、家にずっと居るという時間が危ない。

 

 

旅行や観光をよりワクワクさせる方法、車中泊旅をしていて気づいた。僕は、観光地を新鮮に楽しめる方法を見つけたので、詳しく面白く解説しています。

 

僕が快活に感じれる身近なこと

 

僕が身近で、しかも気分が快活になった方法はいくつかあります。

 

例えば、サウナに入ってタップリと汗をかく。そして、水風呂にズッボンと入る。

 

これ僕は、最高だと思っていて「気分でしょうか?体にパワーが漲ります!

 

 

家庭でも身近にできると思っていて、お風呂上がりにシャワーで水浴びをすると、気分最高になります。

 

おすすめは、水シャワーを浴びてから、もう一度湯に浸かるというコンビネーションを繰り返す。

 

これむっちゃ気持ち良いので、騙されたと思って試して見てほしいです。「体のだるさや、頭の疲れを癒してくれた」と感じています。

 

長寿遺伝子はシンプルで簡単に活性化できる

 

超シンプルにすると、カロリーを控えて、有酸素運動をすると良い。

 

あとは、「レスベラトロール」などを、食事の時に取れば最高です。

 

赤ワインは、料理にも合いますし、自分の好きな味わいを探すのが楽しいです。特に「カベルネ・ソーヴィニヨン、ネッピオーロ」のフルボディは、健康成分が多いとのこと。

 

人間のテロメアは期限があります。しかし、できる限り「活性酸素を防いだりすること」で、細胞を大切にすることができる期間が延長されます。

 

若い内から意識しておくと、若々しい面影を維持することができる。芸能人で年齢を取っていても若く見える人は、この意識をしているのだと思った。

 

 


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »