この記事は、

 

ひろゆき「西村博之」2チャンネル創設者のYouTube視聴して得たことをまとめてます。

・大阪万博の話。世界が万博をやっても儲からない「国の利益が見込めない」ので、参入してこない。日本はどうする?

・戦争の時と、今の時と同じで、国民には知らされないことカルロス・ゴーンさん日本の日産の幹部に落とされた事実仮説

 

Live Hiroyuki’s Live Live in Japan YouTube.

Osaka Expo, War and Now, Carlos Ghos

 

 

全ては仮説となるので、参考程度にお読みくださいね。

 

ひろゆき「西村博之」のYouTubeがシンプルで本質を貫いている

当ブログでも、ひろゆきさんの事を書いていますが、この人は表向きルーズに見える人です。

 

しかし、中身は未来への仮説を自分で考えて、予想をしていて、しっかりと情報の本質の部分を伝えてくれます。

 

なので、YouTubeの中でも、ひろゆきさんのチャンネルは、情報源になっています。

 

それでは、3つの日本に起こっている、も起こることについて「ひろゆきさんの話を」深掘りして行きます。

 

 

大阪万博の話。なぜ万博を行う国が他に無いのか?

View this post on Instagram

 

Kazumi Nakamuraさん(@kokoro.k.nakamura)がシェアした投稿

・大阪で万博が行える理由。世界の国々が万博をやっても儲からない「国の利益が見込めない」と知っていて参入してこない?日本はどうする?税金は効率よく使われるのか…

 

1970年3月15日にスタートした日本万国博覧会。

 

2025年5月3日〜11月3日の「185日間」大阪万博が行われる予定です!

 

万博も、オリンピックと似たような感じで、世界の国が名乗りを上げて、開催できるようです。

 

次の万博は、この3カ国に決定したとのこと。

 

・日本 (大阪・関西)
・ロシア (エカテリンブルク)
・アゼルバイジャン (バクー)

ひろゆきが一つ言っていたのは、

 

なぜ?アメリカ、ヨーロッパ、中国などの発展した国が名乗りを上げないのかな?

 

シンプルに、万博を行うことによって、海外からの誘致「観光客」を見込めますし、開催地を作るために「建築、関わる仕事」には、利益が見込めるのでラッキーです。

 

大阪万博によって、日本人の希望となり、新たな動きを見せるキッカケになれば良いなと僕は思います。

 

ただ、その利益よりも、万博を開催する費用の方がかかるみたいです。

 

やらないよりかは、やった方が良いと思うけど、日本の未来は変わるのか。変わるキッカケになれば良いなと僕は思った。

 

 

戦争の時の国民、今の国民の動かし方が似ている話

・戦争の時の風潮、今の日本の風潮、直感で似ているような気がした。国民には知らせない話

 

ひろゆきが突然話を始めた。戦争の時の神風特別攻撃隊「神風攻撃隊」の話だった。

 

カミカゼと言われますが、当時は、シンプウと呼ばれていたそうです。

 

当時、アメリカに対して、「日本が強いぞ!戦うぞ!」というイメージを付けるため真珠湾を攻撃したとのこと。

 

要求に応じてくれる可能性に期待していた。そのために神風攻撃隊を使った。

 

しかし、アメリカ全軍を相手にすると、勝ち目が無いことがわかっていたらしい。「そりゃ大きい国だし」

 

そう、国の幹部の人は敗戦することを知っていた。だけど、国民に赤紙を渡し、家族のためにという気持ちを利用し、戦争へ行かせた。

 

世界でも日本だけの風潮で、国民がこれを「はい!」として行う。それだけ、変わった国なんだとは思いました。

 

しかし、敗戦が決まっていて、戦争に行っても家族を守れない事実を幹部は知っていた。

 

シンプルで言えば、利用された。悲しい事実だと思った。

 

今の日本ではどうだろうか。国の多大な借金、少子高齢化社会、黒田制裁の日銀緩和、日銀が株式の買い付け、東京オリンピック。

 

国民には知らせないように、テレビでは流さない情報。しかし、現代はネットに情報が流れてしまう。

 

明るい未来を見せるのは良いと思います。しかし、明るくするために行動をしないといけないような気がします。

 

ただ、情報を収集すれば、するほど、日本の未来の動きが見えるので、時に辛くなります。

 

これからの日本の未来を仮説したい。

 

 

カルロス・ゴーンさんが逮捕された事実の仮説

View this post on Instagram

 

資産形成、運用コンサルタント 宇田謙心さん(@udakenshin)がシェアした投稿

カルロス・ゴーンさんが日本の日産の幹部に落とされたとのこと。2040年のガソリン車禁止が関係?

 

ひろゆきが、カルロス・ゴーンさんの話をしていた。

 

この人は、日産が当時2008年約8兆円の赤字を抱えていたそれを黒字に変換した天才とのこと。

 

シンプルに、日産を立て直した人らしいです。すごい。

 

しかし、カルロス・ゴーンさんのせいで動きにくい。なので、日産の日本の幹部が落としたと仮説していました。

 

カルロス・ゴーンさんの逮捕された理由は曖昧で、ニュースでも結論がわかりませんよね。

 

報道しているだけで、答えが見つからない。これは、クーデターのようなものだと言えます。

 

要は、日産の座から落とすために行ったが、証拠が無いので起訴されない可能性が高いと仮説してました。

 

カルロス・ゴーンさんは、日産、三菱、ルノーという自動車業界のトップであり、業界を動かす人。

 

ヨーロッパの国々は、2040年にガソリン車の販売を禁止するとのこと。

 

https://www.businessinsider.jp/post-106314←「2040年までにガソリン車を禁止する国は?」参考になるサイト

ガソリン車から、EV車と市場が変化して行くので、カルロス・ゴーンさんは、とても深く関わっているとも言えます。

 

さて、どうなるのか?僕は、旧車などのダイレクトな車が好きですが…S30Zなど。

 

未来は、無くなるのかな。

 

沢山の情報に触れ、本質を貫く、自分で仮説するのが大切なんだと思います。

 

その情報源として、ひろゆきのYouTubeはとても参考になります。

 

ありがとうございます。お疲れ様です。また明日。

 

ちなみに僕ですが、VANLIFEというライフスタイルを提案してます。興味があればぜひ!


 

BY:Ryuta


旅人しゃちょ〜

【職業ライター→バンライフ×バックパッカー】 車中泊1ヶ月して凡人でも人生変化。世界で仕事生活。常識ルール大嫌い。神がかりな自由人。前世ヨーロッパ人。世界遊びつくすためのコンテンツYouTubeに投稿中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »