軽自動車のアルトワークスはパワフルマシン

どうも、はじめまして。「観光地交通手段使わずに歩く」たびびとりゅうた@_wanganと言います。(。-∀-)?

 

↓こちら相棒のアルトワークスです!

軽自動車「アルトワークス」をヤフーオークションで購入

購入した当時は、下のフォトのように純正でした。ヤフオクにて「81000円」で購入。

この軽自動車「アルトワークス」のスペックを解説!

 

CR22Sアルトワークス RS-X 平成6年式 「ツインカム12バルブインタークーラーターボエンジン搭載。」

 

エンジンは、F6A型の水冷直列3気筒の縦置きエンジンとなっていて、鉄製エンジンは、重いですが丈夫です。

 

排気量は660cc、圧縮比8,3、燃料供給装置はEPIで、キャブレターではありません。

 

「最高馬力は64PS/6,500rpm」で、「最大トルクは8,7kg-m/4,000rpm」となっており、軽自動車の自主規制いっぱいのパワフルエンジンを搭載!

 

車両重量は、650kgとなっており、現代の軽自動車よりも300kgぐらい軽いです。

 

大人6人が乗っていないぐらいなので、相当軽いです。

 

なぜ?アルトワークスは異次元なのか?

簡単に解説すると、

 

「現行軽自動車」は、車内が広く、防音などの遮音材などが入っているので、とても快適な車内空間になっていますが、ネックな部分があり、それは「車両重量の増大」です。

 

快適設備や、車内を広くするために全高が高く、ボディ自体が大きく、現行の軽自動車は、車重が「900kgを超えるクルマ」が増えています。

 

「アルトワークスは650kg」、現行軽が900kgなので、おおよそ「250kg」も重量差があります。大人一人50kgだとすると、「5人もフル乗車している状況」でいつも走行していることに…

 

「軽自動車を運転していると、乗車数が一人増えるだけでも、加速が悪くなったことがありませんか?」

 

異次元な理由は軽いこと。軽いだけでクルマは異次元になるんです。

 

加速、減速、コーナーリング全ての性能が向上します!

 

クルマの車重は思っている以上に重要だった

 

クルマの車重というのは、「クルマの性能に直結」します。

 

エンジンパワーを上げるよりも、「軽量化を行う」方が全ての分野で「機敏な動き」をするようになります。

 

軽量化のメリット」例えば、

 

加速ハンドリングブレーキ燃費の向上

 

・機敏な動きを可能とするので、「安全性や緊急回避」が向上

 

タイヤの磨耗を抑えたり

 

・ガソリン消費量を減らしたり

 

・ブレーキパットを抑えたり

 

・エンジンの負担を抑えたり

 

思っている以上にクルマに優しい環境」となり、「クルマの維持費を抑えること」が自然に可能。

 

 

クルマを選択する際は、「車両重量に注目すること」で、「より経済的で、安全性の高い、速いクルマ」を選択することができます。

 

これによってクルマをより楽しむことができる!

 

「思った以上に軽さで変わります。全てが!!」

 

検索、ググってる方お疲れ様です!これをみて癒されて。

 

最後までご朗読ありがとうございましたm(_ _)m!質問があれば下記のコメントからどうぞ。

 

BY:Ryuta


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

SNSで可能

Translate »