アルトワークスDIYでブレーキフルード交換

メンテナンス
この記事は約5分で読めます。
【お問い合わせ【丸投げブログ制作、サイト制作、動画編集、彼女できるまでサポート、恋愛電話相談など】】
【旅人しゃちょーの事業!】

Twitter

 

Instagram

 

YouTube

 

Note

 

・専属ライター【トリップラー

 

 

 




DIYでブレーキフルード交換してみよう!

 


お久しぶりです!!旅人しゃちょ〜です!

 

皆さんのクルマのブレーキフルードがこんなカラーをしていませんか?

 

新品は透明な黄色って感じ劣化すると紅茶色になっていく。ブレーキフルードは、水分を吸収しやすく水分によって劣化する。

 

 

↓アルトワークス走行距離18万kmのブレーキフルードです。劣化のお手本笑

 

 


↓ほとんどの車両は「HONDAブレーキフルードDOT4」で適合!

 

 

 

ブレーキフルードの仕事とは?

 

 

ブレーキフルードにはランクが存在します。「改造具合で想像してください笑」

 

 

DOT3一般車輌用「一般的な車両」

 

 

 

DOT4一般車輌用「山道などでブレーキを駆使する方、スポーツ走行」アルトワークスならここがベスト!!

 

 

 

DOT5,1「大排気量、重量車、スポーツ走行、サーキット走行」外車、JZA80、R34など

 

DOT5「特殊車輌用でハマー、ハーレーダビッドソン」

滅多に必要ありません。こちらは写真がありません笑

 

 

DOT規格は性能と劣化スピードを表す

 

DOT規格とは米国自動車安全基準で設けられたもので、性能品質の基準みたいなものなんです!



dot3 ドライ205度以上 ウェット140度以上 粘度1500cst以上

dot4  ドライ230度以上 ウェット155度以上 粘度1800cst以上

dot5.1  ドライ260度以上 ウェット180度以上 粘度900cst以上

dot5  ドライ260度以上 ウェット180度以上 粘度900cst以上

 

 

ポイントとして!

 

「ドライ沸点」とは新品時の沸点または、吸水率0%の状態のフルード。

 

「ウェット沸点」とは1~2年間使用後または吸湿率 3.7%時の沸点。中古車などはこの値。

 

 

「粘度」とはブレーキフルードの流動性を示している。

 

数値が大きいほど固くなり流動性が悪くなっていく。ブレーキを頻繁に使用する方、峠走行サーキット走行などの方は意識しよう!

 

 

 

ph値の表記もあるのですが、調べてみたら全て値が一緒だったので省きました!

 

 

DOT数が高いものブレーキ性能がUPします。水分を含みやすくなります。劣化が早いデメリットもある。

 

 

 

アルトワークスのブレーキフルード交換方法行ってみよう!

 

 

では、長くなりましたがルトワークスのブレーキフルード交換方法について。

 

 

↓自作ワンマンブリーダー作ってみた!
簡単に作れますよ!ペットボトルホームセンターに売っているチューブのみで作ることが出来ます。真ん中のは必要ありませんでした笑 悲しい…

 

 

↑これはリア。タイヤを外す。そしてキャリパーの部分に「自転車の空気を入れるところにある黒いキャップのようなものに着目します。

 

 

 

 

「1」.チューブを付けてレンチをある程度回しますそして、運転席に行きブレーキを踏みますと古いフルードが出ます。

 

 

「2」.リザーバータンクのブレーキフルードが減りますので、新品のフルード足しましょうブレーキフルードが無くならないように見張りましょう!←ここすごく重要!

 

 

「3」.綺麗なフルードが出るまで行う。その都度新品フルードも入れます。これを四輪行えば完了です。お疲れ様です!

 

 

 

公道に出る前にブレーキチェックを行おう!

 

 

あとは、ブレーキが効くかを確認。自分でやれば楽しいですよ!!

 

仕組みや注意点を理解していれば安全なんでもやってみれば必ず何か見えて来ます!笑

 

 

そして、峠に行ってシェイクダウンしに行こう!!!

 

 

感じたこと、変わったこと

 

自分でクルマをメンテナンスすることは、クルマがどのように動いているかを理解できる。

 

とても良い経験になります。「スマホも同じ」構造がわからないと、どの部品がどんな役割をしているかわかりません。

 

なので、ぜひブレーキフルードのDIYを行なってクルマを知って見てわ!楽しいですよ!

 

とりあえずやってみるって方はこちらにブレーキフルード載せておきました。

 

 

最後までご朗読ありがとう
タイトルとURLをコピーしました