【現金全部】タイバンコクのホテルにて盗難されました、無一文からどうする…

バンコク
この記事は約5分で読めます。

■滋賀出身!年齢は永遠の20歳。2021年9月より人生に問題発生が起こり、家なしバン移住する羽目になりました。YouTubeで応援していただけると本当助かります

■2017年夏に会社員を辞めて、WEB系フリーランスになり4年
場所に縛られない働き方を模索し実現しました。東南アジアを放浪したり、日本ではバンライフをしながら仕事をしていました。ホスト経験もあり恋愛を極めました

■趣味は車メンテナンス改造したり、行ったことが無い場所へ旅すること。尖った考えを持つ異質な人と会話をすること!

■WEB系フリーランスでの実績やどんな仕事をしているかはフッターの【WordPress専門エンジニア】というページにまとめています!
お仕事依頼もそちらから!ココナラにて月20万円以上の売上達成

■このブログは、今までのWEB系フリーランス独立経験、バンライフ4年以上の経験、海外放浪1年以上の経験、ホスト経験からの実体験をまとめて書いてます。
あわよくば読者の方の可能性や選択肢を増やすキッカケになればと思い、運営を始めた次第です。恋愛の悩みも

旅人しゃちょーは家が無くなりました…

↓川に住んでいた頃があります

タイバンコクのホテルで盗難にあった場合どうすれば良い?

はじめまして、とんでもないことが起こりました。

 

↑こんな感じで、簡単に説明すると、ドミトリーのホステルに宿泊。朝起きたらベッドの片隅に財布があり、なんで?あれ現金がない。窃盗されました…

 

 

朝起きた時のあの感じは、忘れられないです。


ホステルで東南された日の模様を動画撮影してみました。元気のなさが…リアル雰囲気を味わえます!笑

 

 

 




僕が実際に遭遇した、ホステルドミトリーでの盗難

ホステルドミトリーは、合計2段ダブルベッドが4つある個室で、僕は出口から遠い2段目のダブルベットで寝ていました。

 

カバンから持ち物を出していたのが、原因だと思いますが、財布と手帳がベットの奥側から、出口側に移動しており、なんで?WHYです。

 

 

犯行については、7時ごろ大丈夫でしたが、9時ごろに起きたら財布の現金だけが無くなっていました。

 

教訓は、貴重なものは枕の下に入れて、寝ることにすると誓いました。

 

 

本当に強烈な体験でした。今も忘れません。あの焦り。

 

 

 

 

ホテルのオーナーと相談、最寄りの警察署に行きました

↑こんな感じで、ホステルのオーナーさんと相談し、一緒に警察署へ行くことになりました。

 

とりあえず、盗難証明証をもらいました。ただ、現金の場合は、海外旅行保険が効かないみたいです。

 

物品であれば、この手順で進めましょう。

 

 

 

盗難証明証「ポリスレポート」を発行しました

↑こんな感じの書類です。ほとんどタイ語で書かれていて意味不明ですが、こちらを日本に持ち帰り、物品であれば、保証されると思います。

 

 

僕の場合は、現金を盗まれたので、帰ってこないし、保証も受けれないみたいです…

 

 

おワタです。以後気をつけたいです。

 

 

現金の場合は…、物なら海外旅行保険でカバーできそうです

以上、こんな感じです。現金は保証効かない。物品であれば保証が効くとのことです。

 

 

しっかり、盗難証明証「ポリスレポート」を発行しておけば、日本に帰ってから手続きができるとのことです。

 

 

日本に帰ってからのことは、海外旅行保険の入っている会社、クレジットカード会社などに連絡してみましょう。

 

 

 

余談ですが、オーナーさんが美味しいローカル食事を奢ってくれました!


↑バッタイというタイ料理で、これすごく美味しかったです。

 

カリカリ食感と麺のような感覚、ライチがうまくコンビを組み、おネギともやしの野菜感が最高でした。

 

価格は50バーツから90バーツで、ローカルな雰囲気を味わえるし最高でした。

 

すごく美味しかったです。安くて美味しいタイ料理を楽しみたい方ぜひ!

 

 

BY:Ryuta

タイトルとURLをコピーしました