この記事は、物語です。

 

「タイヨウのうた」という映画を見ました。

 

なんで見た方いうと、たくさんの理由があったからです。

 

相手のことを思うなら、相手のことを知る必要があると思います。

 

相手の理解者になるなら、相手がどんなことを思っているのかを考えないといけない。

 

 

太陽にあたれない女の子は何かを残した

その16歳の少女は、太陽に当たると死んでしまう病気でした。

 

XPという難病で、紫外線に当たると、太陽に当たると、紫外線から守ることができないので、死んでしまう遠いう病気。

 

生活は、太陽にあたれないので、夜型になります。

 

太陽に当たることができないので、朝、太陽が昇ってくると、布団に入って眠る生活。

 

想像をするだけで、絶望的な世界観であり、生きるだけで精一杯だと思いました。

 

 

だから、深夜ギターを持って生ライブしに行く

 

View this post on Instagram

 

@eiganoakauntoがシェアした投稿


その少女は、太陽に当たることができません。

 

だからこそ、夜になると街に行き、ギターを持って歌を歌います。

 

私が行きている意味、存在価値はあるのか。私にできることは無いのか。

 

その答えがシンガーソングライターだった。

 

歌に思い込めて、自分の感情、自分の葛藤を歌詞にして、表現していた。

 

 

どうしようもない人もいる、健康ならなんでもやってみるべきだと思った

 

XPのような紫外線アレルギーによって、日中外に出れない人もいる。

 

軽度でも、外に出にくい人もいる。

 

そんな人は、普段何気ない生活を送っている僕たちが、どれだけイージーモードなのかを痛感する。

 

時には、僕たちが発言することが、知らないうちにキズをつけているかもしれない。

 

中には、頑張ろうと思う人でも、このような境遇によって、勇気が出なかったり、人との関係を避けたりする人もいるかもしれない。

 

どうしたら解決するのか…

 

 

人を思うことによって、客観的な力がついて行くと思う

僕は、今までつい最近まで、自分の一歩的な部分をブログにいていました。

 

だけど、いろいろあり、相手のことを思う機会が増えてきて、価値観というか、考え方が少し柔軟になりました。

 

僕が、ブログを行なっている理由に「好きなことで生きて行きたい人のために」特化して書いています。

 

ただ、それ以外にも、悩み相談をTwitterにて受け付けていて、たくさんの悩みを聞いて、どんな悩みを持っているのかが明確になってきます。

 

すると、相手のことを思うのが思考にスタートになります。笑すいません。難しく考えすぎかも…

 

相手を理解するには、相手と同じ体験をするか、同じ境遇の映画を見ることだと思っていて、

 

音楽、映画、自分もやる、自分も体験するなど。

 

恋愛は、相手を思うキッカケであり、これは、大きな原動力になると思うんです。

 

好きな人が悩んでいて、その悩みを解決したいと思うパワーは、すごいものです。

 

人と人との関わりがある仕事、生活全てに関わると思います。

 

何か人のためにしたいなら、今の人の悩みを聞き出す、たくさんの人に会う。

 

この繰り返しで、事業を生み出すことができるように思います。

 

BY:Ryuta


旅人しゃちょ〜

【フリーランス🖥×バンライフ🚘×バックパッカー🗺】旅しまくるライフスタイルを広めたい!職業はフリーランスWEBライター、猫かぶって生きるの辞めました。Twitter、YouTube、メディアにて発信中!

0件のコメント

SNSで可能

Translate »