【1BTC1億円】仮想通貨ビットコインの鍵を握る半減期とバイナンス最高レバレッジ125倍?超わかりやすく解説!

投資
この記事は約10分で読めます。

■滋賀出身!年齢は永遠の20歳。2021年9月より人生に問題発生が起こり、家なしバン移住する羽目になりました。YouTubeで応援していただけると本当助かります

■2017年夏に会社員を辞めて、WEB系フリーランスになり4年
場所に縛られない働き方を模索し実現しました。東南アジアを放浪したり、日本ではバンライフをしながら仕事をしていました。ホスト経験もあり恋愛を極めました

■趣味は車メンテナンス改造したり、行ったことが無い場所へ旅すること。尖った考えを持つ異質な人と会話をすること!

■WEB系フリーランスでの実績やどんな仕事をしているかはフッターの【WordPress専門エンジニア】というページにまとめています!
お仕事依頼もそちらから!ココナラにて月20万円以上の売上達成

■このブログは、今までのWEB系フリーランス独立経験、バンライフ4年以上の経験、海外放浪1年以上の経験、ホスト経験からの実体験をまとめて書いてます。
あわよくば読者の方の可能性や選択肢を増やすキッカケになればと思い、運営を始めた次第です。恋愛の悩みも

旅人しゃちょーは家が無くなりました…

↓川に住んでいた頃があります

バイナンスレバレッジ125倍!?現物と先物の違い?リスクは?実際にトレードしてみた

はじめまして!お久しぶりの方はお久しぶりです!最近は仮想通貨の可能性に気づいてしまったので、仮想通貨投資家になりました。

2017年末の仮想通貨バブルの後、仮想通貨の世界は静かに前身していたのでした…

2020年2度目のバブル。2017年の下落底は1BTC=40万円に。それが今や1BTC=660万円という史上最高値にアタック中。40万円が660万円に。誰にでもチャンスがあったんです。

↓今回のバブルは、DeFiという仮想通貨を預けることで、金利が貰えるというサービスのおかげで、大幅な下落を迎えず、まだまだ伸びが期待できている状態です。

【BTC/ETH投資】仮想通貨をNEXOに預けて年利5%または7%で運用してみた

【DeFiでパンケーキ?】パンケーキスワップとは?年利200%?利回り高め高リスクな投資してみた




仮想通貨ビットコインの可能性が凄い?国際通貨になる未来?1BTC=1億円?

仮想通貨にはビットコインとアルトコインと分けられます。ビットコインは時価総額トップランクの帝王。他のコインをアルトコインと呼びます。

ビットコインはハイリスクハイリターン、アルトコインはハイハイリスクハイハイリターンと言うべきでしょうか?

↓こちらにビットコインや第二位のイーサリアムについての可能性や未来についてまとめました。とんでもない事実

【BTC/ETH投資】仮想通貨をNEXOに預けて年利5%または7%で運用してみた

株式やFXに比べて、値動きが物凄いので短期で利益を出すこともできますが、損失を被りやすいです。

ビットコインは発行枚数が2100千万枚と決められており、年々半減期によってビットコインの価値は増していく構造になっています。法定通貨である円やドルは発行枚数が無制限なので、いくらでも作れます。しかし、あまりにも作りすぎると紙幣の価値が減り、インフレになり物価が高騰するという事態に。簡単に言ってしまうと、法定通貨の価値が減っていくことを懸念されているので、インフレが起きないビットコインに世界中の人が変換。資産を守っているという状態です。

本物のゴールドはそれに近い金融資産です。しかし、仮想ゴールドであるビットコインが本物ゴールドの時価総額に追いついてきており、ゴールドからビットコインにお金が流れているとも…世界からお金が集まるとなると、1BTC1億円に達するとも予言されています。

日本では感じることができませんが、他の国では国の通貨の価値が無くなるなんてこともあり、この際にビットコインに変えておくことで、このリスクを解決できるんですよね!過去にいくつか事例があるので、調べてみてください!

現物取引と先物取引の違いはシーソーだ!

↑上の画像は現物取引画面、下の画像は先物取引画面です!【バイナンス取引所スマホアプリ】

この言葉を聞いてから文章を読んでみてください。

知っている者からするとリスクではない」「知らないことを人間は理解できないので怪しい、怖いと認識する

私も、FXなどを聞くと借金をしてしまうのでは?と妄想していました。しかし、私は猛烈に独学したのです。実際に先物と現物トレードを行うことで、理解することができました。知っていることで、チャンスに可能性をより込めることができます!

それでは、解説しますよ!ついてこれますか?

・現物取引は、10000円なら10000円分のビットコインを購入する方法。ビットコインが急下落してもロスカット「強制的な売り」が無いので、損失がありません。また価格が高騰するなら損失はなし!

・先物取引は、10000円に100倍のレバレッジをかけた場合、100万円のビットコインを購入できます。証拠金として10000円を先物口座に送金しますが、損失が10000円を超えてしまった場合、試合終了!「強制ロスカット」となります。10000円は全て無くなってしまいます。

トレードのヒントがあります。

・現物取引は長期ホールドにおすすめ。もしかしたら下落する可能性がある。相場の動向が掴めないというときにおすすめ。これからの将来にかけて上がる銘柄である。

・先物取引は短期ホールドにおすすめ。先物取引は1日に3回微量な手数料がかかります。購入時もかかります。なので、短期的に相場が上がるであろう!というときにおすすめ。

レバレッジ125倍は先物取引、リスクについて知っておこう

↑ロング「買う」をするとポジションを取りこんな画面が表示されます【バイナンスBTC/USDT先物

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスは、日本の取引所と桁違いのレバレッジ「シーソー」倍率です。日本の取引所が4倍までくらい、バイナンスは最高125倍のレバレッジを掛けることができます

右も左もわからない人は、とりあえず10ドル「1000円」程度で2倍レバレッジで先物取引してみるのが最速でリスクの仕組みが理解できる方法です!

私が実際にBTC/USDTの10倍レバレッジで、60ドル程度を使い先物取引をしました。

まずは、ロスカットの範囲を知ることが大切レバレッジの倍率を上げるほど、ロスカットの価格の幅が狭くなります

例えば、ビットコイン500万円なら、レバレッジの倍率を上げるほど500万円に近くなってしまいます。ビットコインが490万円に落ちただけでロスカットになると、少し下落で強制終了になってしまいます。100倍以上のレバレッジを賭ける場合は、相場が上昇に転じる確信が無いと、お金を溶かすことになるでしょう。

10倍程度のレバレッジなら、ビットコイン価格が500万円でも、400万円まで耐えることができます。

・ロスカットの範囲をレバレッジで調整、大きく可能性をするならギリギリまでレバレッジをあげる。

・現物トレードの10倍の利益、100倍の利益を生み出せます。1万円を100万円に少しずつ増やすことも運が良ければ可能でしょう。しかし、私は2017年年末バブル経験者でかなり調べ、思考しても相場は思い通りに動きません。

スポーツをしていると、練習をすればするほど直感や、体慣れしてきますよね?仮想通貨トレードもその感覚に近いです。誰よりも時間を割いて、思考を重ねれば富を得ることは可能だと思います。

実際にトレードした場合の利益を割り出してみた

↑バイナンスのレバレッジ調整の上のマークをタップすると、利益を確認できます!

2021年3月15日 BTC56250ドル レバレッジ10倍 0.01BTC分=56250ドル分を先物で購入

ロスカット精算価格は=46573ドル⇦この価格まで落ちるとやばい…

3月18日12時=BTC58764ドル ここで精算した場合=おおよそ25ドルの利益が出ます。

レバレッジ10倍無しの場合は、2.5ドルの利益です。

これを考えると、上がる相場ならかなりのチャンスを生み出せますよ!

最初は欲張らずに20%くらい増えた時点で、精算することをおすすめします。上がる相場、下がる相場があり、ずっと上がり続けることはありません。下がり続ける相場もありません。

足と尻尾はくれてやれ、売り買いは腹八分」という名言があります。底や最高値で取引するのは至難の業です。急に下がります。急に上がります。なので、自分の中で一定の決め事をしておくことが大切かなと思います。

知っている者からすれば、リスクはリスクではない

仮想通貨投資については、2017年から行っているのですが、仮想通貨を購入する前は何もわかりませんよね?

これだと、どこにリスクがあるのかもわからない。この状態では、知らない内に罠にかかってる可能性もあります。

20分ポーカーをやっても、カモがわからないなら、それは自分がカモだ」という名言があるのですが、これほんとそうだと思います。だからこそ、私も2017年〜18年の仮想通貨バブルで、10万円が2万円くらいになってしまいました。

しかし、私は損失のおかげで大切なことに気づきました。私たちが知った時にはもうバブルに近いということです。言い方が悪いですが、カモは最後に入った人たちになってしまいます。私の経験上テレビや雑誌、普段の会話で仮想通貨のワードが見られたらバブルの近い可能性が高いです。

ここから、なぜ?仮想通貨が暴騰したり下落をするのか解説します。リスクの少ない投資方法についても紹介!

仮想通貨の価格はビットコインの半減期タイミングが鍵

仮想通貨で儲ける大口。これを知っておかないといけません。

ビットコインは、マイニングというビットコインをパソコンで処理した人に対する報酬があります。あなたのパソコンでもできるよ!この報酬が年々50BTC→25BTC→12.5BTC→6.25BTCと下がっていきます。

ビットコインには4年一回のペースで半減期というビットコインの価値が高まる時期があります。

 

ビットコインの半減期は

・2012年11月28日

・2016年7月9日

・2020年5月12日

・2024年?次回

半減期1年後に高い確率で暴騰している事実に気づいている人は意外と少ない気がしてます。

2017年年末はビットコイン220万円過去最高価格。日本でも話題になったと思いますが2回目の半減期から1年後に起こってます。

今回のバブルでは、2021年3月14日に史上最高値である62000ドル670万円に到達しました。現在執筆している3月19日は少し調整後、まだ価格を維持。長い高騰を維持しているのが初めての感覚。今も58000ドル。

予想としては、テスラがビットコインを購入したなど、会社が金融資産として認め始めた!ということが起きているので、価格が落ちることはない気がしています。この後1000千万円=80000〜90000ドルが頂点かな?そのあとは大幅な調整「下落」が来ますから、これからビットコインを買う方は注意。

下がると言っても、次の半減期から1年後に高騰すると思いますから、2025年まだ売らずにビットコインを持っておきましょう。頂点で売れた人はラッキーです!

投資先はビットコインのみに絞った方が良い

仮想通貨には、ビットコインとアルトコインに分けられます。

ビットコインは、仮想通貨のフィアット「王様、帝王、竜王」と言える存在

アルトコインは、ビットコインにできないことをする革命者たちと、偽物たちと言えるかも?

ビットコインは、仮想通貨の帝王であり、10%越えのドカンもあれば、5%程度のドカン笑

アルトコインは、ハイリスクハイリターン。時には50%越えのドカンとして下がります笑 たまに700%も笑

リスクをとっても、短期的に増やしたいならアルトコイン。調整が来ても損切りしなければ半減期後の暴騰で価格が戻ってくる可能性が高いビットコインは安全に資産を増やせる現代のチートだと私は思います。

危ない橋を渡るとして、アルトコインは一度落ちてしまうと命綱がない状態。ビットコインは落ちても命綱があるので、なんとかなると言った感じかなと思います。

レバレッジ賭けるなら10倍までがおすすめ

↑これは、先物取引の損益を確認できる画面です。【バイナンス】

レバレッジの倍率を上げるほど、1日に3回ある先物手数料も上昇します。

私は、58ドル 10倍 0.01BTC ポジションで4日=2ドルくらいの手数料が必要でした。

レバレッジを10倍以上にするなら、相当な短期的な高騰にはおすすめだと言えます!125倍は少しでも下がればロスカット。もし、ものすごい高騰がしたなら、とんでもない利益を出せる可能性もあります。いわゆるギャンブルです。

まずは、100ドルを先物に入金するなら、その100ドルを維持または増やすとするか、100ドルと決めて、0になったら勉強不足だと言えます。

私は、1回目で損失なくトレードできましたが、これは今まで独学して学んだ知見や経験に売らずいて根拠があったから利益を出せました。

しかし、絶対は無いので10倍にしました。

とりあえず、少しずつでも良いので増やす!ということを目標にしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

最後までお疲れ様です!

投資のお話は、どこか感情的ではなく論理的になってしまうので、仕事や恋愛とは違う気がしています。

女性にとってはよくわからない、大丈夫なの?と思ってしまうかもしれません。

男性は、リスキーなことが好きなんです。アメリカの実験によると、ピストルをもっただけでテストステロン男性ホルモンがものすごい上昇したこともあるようです。私も危険なことやリスクのあることが好きです。

ただ、成功者を口を揃えていうのが、リスクを取らないとチャンスもないこと。

だから、私はまず少額で試して失敗し、分析と思考を繰り返し、少しずつ投資資金を増やして、コマを少しずつ前に進めるのが良いかなと思います!

仕事と違って、投資にしかない楽しい部分もあるので、今日があればぜひ!

 

タイトルとURLをコピーしました